盆栽の病気の前兆と対処方法

盆栽あれこれ

2014/9/18 更新

盆栽の病気の前兆と対処方法

盆栽は木の健康に気をつけていれば病気になってしまう心配はありません。 手入れをきっちりと行う事で病気を防ぐ事が可能です。盆栽の葉が突然色が変化してしまった場合には、水遣りを忘れていた事が考えられます。葉の色が黄色に変化してしまった場合には、水の遣り過ぎが考えられます。 盆栽に害虫が付く事で病気になってしまう事があります。害虫被害で一番多いのが、アブラムシです。アブラムシは盆栽に限らず色々な植物に発生します。 アブラムシが付いてしまった場合の対処は、殺虫剤を使用して駆除する必要があります。害虫を見つけ次第すぐに対処する事で被害を少なくする事が出来ます。 カビやウィルスによっても病気になってしまいます。歯が急に色落ちしてしまったりするとウィルスによる病気が考えられます。ウィルスに対する対処は、ウィルスやカビに対応した薬を使用することで対処する事が出来ます。水遣りや肥料や光合成をきっちりを行う事で元気な盆栽に育てる事が出来ます。